ワーファリンを飲んでいる人が青汁を飲んではいけない理由

青汁,ワーファリン,ワルファリンカリウム

 

青汁は美容や健康維持に役立つ事、野菜不足を手軽に解消できる事などメリットも多いのですが、中には青汁を飲まないほうがいい人もいます。中でもワーファリンを服用している人は、青汁に含まれるビタミンKがワーファリンの作用を弱めてしまうため避けた方が良いと言われています。

 

血がドロドロになるリスク

 

脂肪分の多い食事を好む人、お酒やタバコの量が多い人、野菜不足による栄養バランスの偏り、高血圧、運動不足など血がドロドロになる理由はいくつかあります。

 

血がドロドロになっていてもそれが目に見えない以上、何らかの症状が出るまで気づけません。厄介な事に自覚症状がないため、血がドロドロになっていても気づかない事が多いのです。

 

血がドロドロになると血管に負担をかけ、動脈硬化が進みます。動脈硬化は、血管が劣化したゴムホースのような状態となり、血液中にはコレステロールや中性脂肪も多いので、血栓ができやすくなります。

 

血栓は血管をつまらせますが、移動するのでこれが心臓や脳に達すると、脳梗塞や脳血栓、心筋梗塞という命に関わる重篤な病気の原因となってしまいます。

 

ワーファリンの効果

 

血がドロドロになっていると、心筋梗塞や脳梗塞という重篤な病気のリスクを高めます。この場合は直ちに食事の見直しと生活習慣の改善が必要ですが、これだけではすぐに改善されないので、ワーファリンという薬を服用します。

 

ワーファリンは血をサラサラにして流れをスムーズにする作用があります。これによりドロドロとした血がサラサラになり、血管にかかる負担を軽減する事ができます。

 

血がサラサラになる反面、血が止まりにくいので怪我をすると大量出血をするリスクがあるので、怪我に注意しなければいけません。これ以外にも青汁を飲むと、青汁に含まれるビタミンKが薬の作用を邪魔してしまいます。ビタミンKには血を固める作用があるので、ワーファリンの効果とは真逆の作用となってしまいます。

 

せっかくワーファリンで血の流れがスムーズになっているのに、青汁を飲んだ事で血がドロドロになり、動脈硬化のリスクを高めるような事があってはいけません。ワーファリンを処方される時、医師から注意があると思いますが、青汁はNGです。

 

青汁以外にもビタミンKを含む、納豆やクロレラもNGとなるので注意してください。青物野菜は少量なら食べてもOKとされていますが、大量に食べるのはおすすめできません。青汁の中にはビタミンKを除去した物もあるので、どうしても飲みたい時はそういう物を探してください。

 

青汁,ワーファリン,ワルファリンカリウム

青汁,ワーファリン,ワルファリンカリウム


目的別おすすめ青汁【選び方】

ダイエット

便秘解消

妊婦

>>クリック

>>クリック

>>クリック

授乳中

野菜不足

美容・美肌

>>クリック

>>クリック

>>クリック