青汁で本当に栄養が摂れるの?

青汁,栄養

 

最近は、酵素ドリンクやスムージーなど、いろいろなダイエットドリンクや美容ドリンクがあり流行していますが、昔からある青汁が最近また注目を集めています。

 

毎日忙しく働く人はどうしても栄養バランスが崩れがちですが、それをしっかりサポートしてくれるのが青汁です。青汁で本当に栄養が十分に摂れるのか、また、青汁で使用されている野菜の特徴などもご紹介します。

 

栄養面と美味しさの追求

普段の食事で食べる野菜といえば、キャベツやほうれん草、ニンジンやジャガイモ、他にもキューリやトマト、レタス、玉ねぎなどいろんな種類の野菜があります。これらの野菜をバランスよく、たくさん食べることが健康のために大切であると言われています。1日350gが目標摂取量と言われています。

 

毎食、自炊が出来る環境であれば、それほど難しいことではありませんが、外食が多いと野菜はほんのわずかしか摂ることが出来ません。

 

青汁,栄養

青汁は、栄養価の高い数種類の野菜が粉末状になった栄養ドリンクです。粒タイプや冷凍タイプ、ジュレタイプなどもありますが、手軽な粉末タイプの青汁が一般的で人気もあります。

 

最近では大手の飲料会社や製薬会社なども青汁の販売に参入して、美味しい青汁、飲みやすい青汁の競争が起こっていますが、美味しい青汁にするには栄養価を犠牲にしなければ不可能なのではないかという懸念も生じます。

 

実際のところ飲みやすさを前面に押し出して、栄養面をおろそかにしていると思われる商品もありますが、多くの会社では栄養面をキープしつつ、美味しさと両立させる研究開発が行なわれています。

 

主な青汁の主原料とその栄養素

多くの青汁で主原料となっている野菜とそれぞれの栄養成分について紹介します。

 

ケール

青汁,栄養

ケールはキャベツやブロッコリーの原種にあたり、ビタミン、ミネラル、食物繊維がバランスよく、豊富に含まれている野菜です。一年を通して栽培できる生命力の強い野菜で、栄養価も高いことから昔から青汁の定番の素材となってきました。

 

ケールはビタミンA(カロテン)、B1、B2、Cの含有量が多く、ミネラルのカルシウム含有量は野菜の中でもトップクラスです。ほかにもリンやカリウム、鉄分やたんぱく質などが豊富に含まれています。

 

大麦若葉

青汁,栄養

最近の青汁でよく使用されているのが大麦若葉です。大麦をまだ若いうちに摘み取ったものが大麦若葉で、くせがなく飲みやすいことが人気の理由です。

 

大麦若葉には、食物繊維やアミノ酸、鉄分などのミネラル、ビタミンCなどの各種ビタミン、SOD酵素、クロロフィルなどがバランス良く含まれています。

 

優れた抗酸化作用があるSOD酵素は、身体やお肌のアンチエイジングに最適な栄養素です。クロロフィルは、葉緑素のことで、コレステロールやダイオキシンなどの有害物質を身体から排出してくれる作用があります。

 

明日葉

青汁,栄養

明日葉は、八丈島などの温かい地域で自生する日本原産の野菜で、大麦若葉ほどではないものの、比較的飲みやすいです。明日葉の注目成分は、カルコンという成分です。

 

これはフラボノイドの一種で、身体に蓄積された老廃物や毒素を排出してくれる働きがあり、身体の巡りを良くしてくれます。また、利尿作用に優れたルテオリンという成分も豊富です。冷えやむくみなどに悩む女性に嬉しい栄養が含まれています。

 

青汁,栄養

青汁,栄養

 


目的別おすすめ青汁【選び方】

ダイエット

便秘解消

妊婦

>>クリック

>>クリック

>>クリック

授乳中

野菜不足

美容・美肌

>>クリック

>>クリック

>>クリック