子供に青汁を飲ませるメリットや効果は?

子供,青汁,いつから,飲ませ方

 

子供が苦手な野菜を克服させることは色んなメリットがあるでしょう。子供は特に成長期の大切な時に、ビタミンやカルシウム、ミネラルなどの栄養素を摂る事は大切な事です。ですが好んで野菜を食べてくれないとなると、調理法を変えたりと毎日大変な思いをします。

背が伸びてなおかつ肥満防止にもなる

その中で効率的に野菜の栄養を摂れるということで注目されているのが青汁です。青汁を子供に飲ませるメリットとしてまずは身長の伸びが悪くなるのを防ぐ事があります。野菜が不足すると、身長の伸びにも影響を及ぼすとも言われているのです。また身長だけでなく、野菜を食べないで肉ばかりを食べていると肥満になる事もありますので青汁は肥満防止にもなります。

カルシウムで骨の成長やキレやすさの防止に

野菜をたっぷり使った青汁にはカルシウムが豊富に含まれています。子供の骨の成長にはカルシウムがかかせないのですが、それだけではありません。カルシウムは減少してしまうと、神経の興奮をおさえる事ができなくなるので、キレやすくなってイライラした子供になります。青汁を飲ませる事は、体を丈夫にするだけでなく、精神バランスを整える働きもあるという事です。

貧血防止や勉強がデキる子に

さらに便秘を解消させ、よくある朝礼時に貧血で倒れるという事も防ぐ事ができます。学生時代のメインは勉強ですが、野菜不足は脳の発達にも関わってくるため学習能力の向上にも野菜はかかせないのです。

 

ジャンクフードを食べる機会の多くなった今の子供には、手軽に飲める青汁はかかせない物です。色んな栄養素がバランス良く飲めるというのがメリットです。

 

いつから飲ませて大丈夫?

健康に良いとされる青汁ですが、青汁はいつから飲ませて良いのかで悩むお母さんも多いでしょう。結論から言うと、赤ちゃんでも飲むのであれば別に問題ありません。ただ離乳食のはじまっていない赤ちゃんはまだおっぱいで栄養を摂るため、おっぱいを飲ませるお母さんが飲む方が良いでしょう。

 

できれば離乳食が完全に終わる1歳以降が望ましいのですが、その際には飲ませる青汁が市販の場合はカフェインが入っていないかチェックしましょう。自家製の場合は保存料など含まれていないため安心できますが、国内産にこだわる方がより安心ですね。

 

また大人と同じ濃度だと、赤ちゃんや子供にとっては濃いので、水で薄ませて飲ませるかジュースや牛乳などと割って飲ませる方が好ましいです。

 

子供への青汁の飲ませ方

子供に青汁を飲ませる事は成長期の大事な時期にとって非常に良い事ですが、自分で作るのは非常に大変です。毎日野菜を沢山買うと家計にも響きますし、その野菜の栄養素を詳しく知らないと栄養素も程よくバランスが取れません。

 

また子供があまり飲まないからといって、結局フルーツばかりが多めになってしまい、カロリーや糖分が多くなってしまう事もありますね。結局フルーツジュースとあまり変わらないといった事にもなりかねません。

 

また市販の青汁のような栄養価の高いケールや大麦若葉などはそこら辺のスーパーには販売していないので、栄養価の面でも少し頼りない物となってしまいます。

市販の青汁がおすすめ

このようなことから、子供に青汁を飲ませるのであれば市販されている青汁がおすすめです。市販の青汁は栄養素のバランスが良いので、欲しい栄養をきちんと摂ることができます。

 

もちろん、スーパーには売られていない主原料ですから自家製のものよりも栄養価はずっと高いです。自家製の方がしぼりたてで新鮮ではありますが、粉末や冷凍タイプでも熱処理をしていないので生と同じ栄養価があります。

 

子供,青汁,いつから,飲ませ方

しかし市販の青汁は青臭く、子供では飲みにくいイメージがあるのではないでしょうか。実は最近では子供用に作られているフルーツ味の青汁もあるので、青汁が苦手であればそれを利用しましょう。

 

フルーツといっても自家製と違い入れ過ぎにはなっていませんし、人工甘味料や保存料などの添加物も入っていませんので、安心して子供に飲ませられます。

 

子供,青汁,いつから,飲ませ方

子供,青汁,いつから,飲ませ方


目的別おすすめ青汁【選び方】

ダイエット

便秘解消

妊婦

>>クリック

>>クリック

>>クリック

授乳中

野菜不足

美容・美肌

>>クリック

>>クリック

>>クリック