冷凍タイプのメリット/デメリット

冷凍,青汁,効果,粉末,比較

青汁には色々な形状の青汁があり、その人の生活などに合わせて選ぶことができますが、その中の1つである冷凍タイプの青汁はどのようなメリット/デメリットがあるのでしょうか?

冷凍タイプの青汁のメリット

冷凍タイプの青汁のメリットは何と言っても高い栄養価にあります。しぼりたてのフレッシュな状態の青汁を急速冷凍で冷凍してあるため栄養価が高く、製造段階で栄養が損なわない所が良いところでしょう。

 

解凍して飲めば、しぼりたての青汁を飲んでいるのと同じですから新鮮で安全なのです。とにかく栄養素を重視して飲みたい、青汁本来の味わいを感じたいという方にはおすすめのタイプです。

冷凍タイプの青汁のデメリット

一方で、冷凍タイプのデメリットは、フレッシュだからこその苦さや青臭さを感じるところです。主原料や含まれている食材を変えたりして昔の青汁よりは飲みやすくなっていますが、粉末タイプと比べると苦味はあります。苦味が苦手な方や小さなお子さんは、冷凍タイプは不向きと言えます。

 

その他にも冷凍タイプは普段は冷凍庫に入れて保存しておかなければなりませんので、ちょっと旅行に持っていく、というような事ができません。そんなにしょっちゅう旅行に行ったりしないのであれば良いのですが、飲みたい時に解凍する時間がかかります。

 

また一度解凍してしまったものは飲みきらないと、再度冷凍してしまうと鮮度も味も落ちてしまいます。やっぱりいらない、となると非常にもったいない事になるので飲める量を飲みたい時に解凍しなければならない手間が少しかかります。自分の生活スタイルと好きな味わいなどで決めると良いでしょう。

 

粉末タイプのメリット/デメリット

冷凍,青汁,効果,粉末,比較

粉末タイプの青汁のメリット

最近の青汁でもポピュラーなのが粉末タイプです。さらにほとんどの商品では一杯分がスティック状になっているので旅行や職場など持ち運びに便利だというメリットがあります。

 

また粉末タイプの青汁は牛乳やヨーグルトなど他の飲み物などにサッと入れて合わせて飲みやすい面があります。ドリンクタイプと違って、一度開封してしまうと早く飲まなければ鮮度が保たれない、という事もありません。

 

さらに最近の粉末青汁は、冷凍タイプなどと比べると味の面で改良が加えられており、非常に美味しく飲めるものが多いのもメリットです。小さいお子さんや野菜の青臭さが嫌いな人は粉末青汁の方を選ぶと何かと割ったりして飲めるので良いでしょう。

 

粉末タイプの青汁のデメリット

しかし青汁の醍醐味は高い栄養価にある訳ですが、冷凍タイプと粉末を比べた場合、粉末の方はどうしても製造過程で栄養価が減少してしまうといったデメリットがあります。

 

どうしても栄養素を重視したい場合だと、冷凍タイプの方が向いていますが、粉末だと栄養が無くなるわけではありませんし、フリーズドライ製法は顆粒タイプに比べると栄養価は高いです。

 

さいごに

とにかく栄養第一!ということであれば冷凍タイプの青汁がおすすめです。搾りたてと同等の栄養を摂ることができるからです。ただ青汁で大事なのは継続することなので、飲みやすさや飲む手軽さなども十分に考慮して商品選びされることをおすすめします。

 

冷凍,青汁,効果,粉末,比較

冷凍,青汁,効果,粉末,比較


目的別おすすめ青汁【選び方】

ダイエット

便秘解消

妊婦

>>クリック

>>クリック

>>クリック

授乳中

野菜不足

美容・美肌

>>クリック

>>クリック

>>クリック