ワーファリンを飲んでいる人が青汁を飲んではいけない理由

青汁,ワーファリン,ワルファリンカリウム

 

青汁は美容や健康維持に役立つ事、野菜不足を手軽に解消できる事などメリットも多いのですが、中には青汁を飲まないほうがいい人もいます。中でもワーファリンを服用している人は、青汁に含まれるビタミンKがワーファリンの作用を弱めてしまうため避けた方が良いと言われています。

 

血がドロドロになるリスク

 

脂肪分の多い食事を好む人、お酒やタバコの量が多い人、野菜不足による栄養バランスの偏り、高血圧、運動不足など血がドロドロになる理由はいくつかあります。

 

血がドロドロになっていてもそれが目に見えない以上、何らかの症状が出るまで気づけません。厄介な事に自覚症状がないため、血がドロドロになっていても気づかない事が多いのです。

 

血がドロドロになると血管に負担をかけ、動脈硬化が進みます。動脈硬化は、血管が劣化したゴムホースのような状態となり、血液中にはコレステロールや中性脂肪も多いので、血栓ができやすくなります。

 

血栓は血管をつまらせますが、移動するのでこれが心臓や脳に達すると、脳梗塞や脳血栓、心筋梗塞という命に関わる重篤な病気の原因となってしまいます。

 

ワーファリンの効果

 

血がドロドロになっていると、心筋梗塞や脳梗塞という重篤な病気のリスクを高めます。この場合は直ちに食事の見直しと生活習慣の改善が必要ですが、これだけではすぐに改善されないので、ワーファリンという薬を服用します。

 

ワーファリンは血をサラサラにして流れをスムーズにする作用があります。これによりドロドロとした血がサラサラになり、血管にかかる負担を軽減する事ができます。

 

血がサラサラになる反面、血が止まりにくいので怪我をすると大量出血をするリスクがあるので、怪我に注意しなければいけません。これ以外にも青汁を飲むと、青汁に含まれるビタミンKが薬の作用を邪魔してしまいます。ビタミンKには血を固める作用があるので、ワーファリンの効果とは真逆の作用となってしまいます。

 

せっかくワーファリンで血の流れがスムーズになっているのに、青汁を飲んだ事で血がドロドロになり、動脈硬化のリスクを高めるような事があってはいけません。ワーファリンを処方される時、医師から注意があると思いますが、青汁はNGです。

 

青汁以外にもビタミンKを含む、納豆やクロレラもNGとなるので注意してください。青物野菜は少量なら食べてもOKとされていますが、大量に食べるのはおすすめできません。青汁の中にはビタミンKを除去した物もあるので、どうしても飲みたい時はそういう物を探してください。

 

青汁,ワーファリン,ワルファリンカリウム

青汁,ワーファリン,ワルファリンカリウム


目的別おすすめ青汁

ダイエット

便秘解消

妊婦

>>クリック

>>クリック

>>クリック

授乳中

野菜不足

美容・美肌

>>クリック

>>クリック

>>クリック

大麦若葉

明日葉

ケール

>>クリック

>>クリック

>>クリック

関連ページ

青汁はホットで飲んでも良い?
寒い日に試してみたい、ホットで飲む青汁についてご紹介しています。ホットで飲むメリットと注意点を中心に情報を集めています。温かい飲み物を飲むことで得られる効果は多彩であり、従来の青汁の効果を高めてくれるのでおすすめです。
青汁を飲むタイミングは?いつ飲むのが効果的?
薬ではない青汁は自由な時間に飲んでかまわない食品ですが、効果が高いタイミングというものが存在します。ダイエット目的で青汁を飲む場合の飲むタイミングについて、また栄養素を補給するためのタイミングについて、チェックしましょう。
青汁のいろいろな飲み方のアレンジ方法や料理レシピを紹介!
青汁は毎日続けていくことが重要ですが、青臭さが苦手な人にとっては苦痛であり、また大丈夫な人でも飲み続けることによる「飽き」を経験する場合があります。ここではそんな方のためにいろいろな青汁の飲み方やアレンジ料理をご紹介します。
青汁の主な原材料の特徴や効果まとめ
青汁に使われている主な原料として、ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉の特徴や効果を紹介しています。
青汁がもたらす健康効果とは?飲む前に知っておきたいポイント
青汁の健康効果についてその原料や種類によるチェック方法をまとめています。ケールや大麦若葉、明日葉などの主要な成分について情報を掲載していますので自分に最適な青汁選びのヒントとしてぜひ参考にしてみましょう。
青汁の原料でよく使われるケールと大麦若葉の違いは?
青汁といえばケールと大麦若葉の二つが主な材料となっていますが、これら二つにはどんな違いがあるのでしょうか。それぞれの栄養バランスや効果について掲載しており自分に最適な青汁選びの重大ポイントとなるので参考にしましょう。
青汁で本当に栄養が摂れるの?
ここ数年、多くの「美味しい青汁」が発売されたことによって青汁の人気が高まっています。しかし大事なのは栄養が摂れること。ここでは美味しい青汁でも本当に栄養が摂れるのかについて説明していきます。
一人暮らしでも栄養失調にならずに栄養をバランスよく摂るには?
一人暮らしだとなかなか栄養バランスを考えた食事をする事が難しいのではないでしょうか?栄養失調と言ってもいろいろありますがなってしまうととても危険です。そこで栄養失調によるリスクや危険性、青汁を飲んで栄養素の補い方などを見てみましょう。
【保存版】野菜不足による症状とは?おすすめの解消法を紹介
普段の食生活に気をつけていても野菜不足になってしまう事があります。そこで野菜不足によって体に起きる様々な症状や知っておきたい解消法、また不足している栄養素を補うには青汁がおすすめの理由などをまとめました。
青汁のカロリーはどれくらい?
青汁のカロリー量はどれくらいなのでしょうか。ダイエットのつもりで飲む場合に知っておきたい情報をまとめています。青汁自体のカロリー量に加えて、トッピングを加えて飲む場合の注意点にも触れていますので参考にしましょう。
【保存版】青汁の副作用や飲んではいけない人とは?
青汁の副作用や、避けるべき例についてこちらにまとめています。本来青汁は健康的な飲料ですが、飲み方を誤ると副作用が発生する可能性があります。また青汁を飲んではいけない、量を考慮すべきケースについてもまとめています。
【徹底解説 】青汁とグリーンスムージーとの違いとは?
青汁とよく比較されるのがグリーンスムージーですが、両者の違いはどのようなところにあるのでしょうか?ここでは栄養士さんにもご協力いただき、それぞれの違いを比較してみました。せっかくなので野菜ジュースも含めてみました。
青汁はやっぱり習慣にしたほうが良いの?いまさら聞けない常識まとめ
青汁は健康食品としてすでに定着していますが、習慣にした方が良いのかなど、青汁の基本的な知識をしっかりと持っている人は実はそれほど多くありません。ここでは青汁の歴史や現在の状況、習慣についてなど"常識"を説明しています。
まずいイメージのある青汁の味が改善されているのは本当?
青汁は1980年代のテレビCMによって認知が一気に広がりましたが、自虐的なCM内容のインパクトが大きく、「まずい」という印象が一般的になりました。現在は青汁の味がどのようになっているのか説明します。