一人暮らしが陥りやすい栄養失調のリスク

一人暮らし,栄養,失調,バランス

 

一人暮らしをし始めて、何だかだるかったりといった症状で悩んでいませんか?実は一人暮らしで栄養失調を訴える人が結構いるので貴方も同じような状況かもしれません。

 

この時代に栄養失調なんて、と思われがちですが、実際には一般的に起こりうることで、ひどい時には倒れてしまったりという事も珍しくありません。

 

また毎日お腹いっぱい食べてるよ、という方でもカロリーは足りていても人間にとってなくてはならない栄養素を摂っていなければそれは栄養失調の始まりといっても過言ではないのです。

 

人間にとって必要な栄養素は、ビタミンやミネラル、タンパク質です。家庭科の時間などに6大栄養素というのを習った事があるでしょう。

 

 

その内の炭水化物はコンビニのおにぎりや弁当などでまかなえるという方が多いですが、ビタミンやミネラルが含まれる野菜は弁当にはほとんど含まれていません。よくあるパスタ単品では糖質と肉類のみの場合もあります。

 

また添加物たっぷりのカップ麺のみ、では体内に活性酸素が発生し、肥満や体調不良まっしぐらとなってしまいます。特にひじきなどの海藻類や大豆製品などは自炊をしていないとなかなか摂る機会がなくなってしまう食品でもあります。

 

とはいえ、洗濯や掃除など一人暮らしの方は仕事も抱えながら全て自分で行わなければならないため、全て完璧にできないのも現実です。どこかを簡単に済ませるならやはり食生活に、となる事が多いですね。

 

またキッチンが小さいタイプの部屋が多く、グリルなど付いていないマンションが多いでしょうから、焼き魚など食べたくても食べられないという事もあるでしょう。

 

栄養失調による危険性とは?

栄養失調を起こすと体の至る所に不調が生じます。基本的に栄養失調といえばタンパク質不足を指しますが、タンパク質が不足してしまうと筋肉や血管を作る事ができません。

 

その他骨折しやすくなる、免疫力の低下で色んな感染症にかかりやすくなるなどです。放っておくと脳出血や肺炎などの重大な症状を引き起こす事もあります。

 

一人暮らし,栄養,失調,バランス

 

先進国でタンパク質不足に陥るという事はあまりありませんが、一人暮らしなどに多いミネラルやビタミンが不足しても、様々な嫌な症状が出るのです。

 

例えば、口内炎ができやすくなりイライラするといった症状、まためまいや疲れが取れないなどの症状です。その他にも唇がカサカサする、白髪や抜け毛が異常に増える、肌荒れや冷え性などもあります。

 

これらは確かに病院に行くほどの症状ではないかもしれません。しかし、だからこそ慢性化しやすく不調が不調を呼ぶような症状でもあるのです。

 

ビタミンやミネラル不足によって現れる症状例
  • 口内炎ができやすくなりイライラする
  • めまいや疲れが取れない
  • 唇がカサカサする
  • 白髪や抜け毛が異常に増える
  • 肌荒れや冷え性

 

またどれか1つの症状だと、それが栄養失調だと考える人はまずいません。ですから気付きにくいというデメリットもあるのです。

 

特にミネラルやビタミンは意識しながら摂らないと中々補うのは難しい栄養素です。サプリメントでも摂れますが、それだけではやはり足りなくなるでしょう。

 

実は体の不調もそうですが、ビタミンAが不足すると自律神経のバランスが崩れてうつ病になるリスクも高まります。体だけでなく精神のバランスも崩れていきます。また栄養失調が続くと、くる病や脚気といった症状もあらわれるため注意が必要です。

 

栄養バランスを取るには青汁がおすすめ

一人暮らし,栄養,失調,バランス

 

一人暮らしでミネラルやビタミンなどの重要な栄養素がない時には青汁がおすすめです。青汁には様々なメリットがありますが、何と言っても溶かして飲むだけなので簡単で手間がかかりません。水さえあれば飲む事ができるので家に包丁などの炊事用品が無くても大丈夫です。

 

また野菜をあまり摂っていない人はもちろん、野菜は好きでも偏った好みのある人やサラダは食べるが緑黄色野菜は嫌いなどの場合にはバランスよく配合された青汁はおすすめです。

 

青汁はビタミンやミネラルはもちろん、食物繊維やβカロテン、鉄分や葉緑素など食べたくてもなかなか野菜からは摂ることが難しい栄養素をバランスよく補う事ができます

 

青汁だけを飲んでいれば1日の野菜を何も食べないで済むかといえばそうではありません。通常の野菜を食べる事も大切ですが、青汁はバランスが良いので、野菜嫌いの人にも大きなサポーターとなる事は確かでしょう。

 

アレンジができる

また粉末タイプの青汁であればアレンジがきくのも嬉しいポイントです。例えば牛乳で割ったり、甘さが欲しいならハチミツを入れたり。そしてヨーグルトに粉末をかけて食べても美味しくプラスの栄養素を摂ることができます。

 




 

色んな自分の好みの味にすることができるので、野菜を食べているという感覚がなく必要な栄養素を摂ることができます。

 

青汁商品は美味しいものがいろいろと発売されているので、以前のイメージであった青汁=不味いということはほとんどありません。一人暮らしの栄養バランスを考えるのであれば青汁はおすすめです。

 

一人暮らし,栄養,失調,バランス

一人暮らし,栄養,失調,バランス

 


目的別おすすめ青汁

ダイエット

便秘解消

妊婦

>>クリック

>>クリック

>>クリック

授乳中

野菜不足

美容・美肌

>>クリック

>>クリック

>>クリック

大麦若葉

明日葉

ケール

>>クリック

>>クリック

>>クリック

関連ページ

青汁はホットで飲んでも良い?
寒い日に試してみたい、ホットで飲む青汁についてご紹介しています。ホットで飲むメリットと注意点を中心に情報を集めています。温かい飲み物を飲むことで得られる効果は多彩であり、従来の青汁の効果を高めてくれるのでおすすめです。
青汁を飲むタイミングは?いつ飲むのが効果的?
薬ではない青汁は自由な時間に飲んでかまわない食品ですが、効果が高いタイミングというものが存在します。ダイエット目的で青汁を飲む場合の飲むタイミングについて、また栄養素を補給するためのタイミングについて、チェックしましょう。
青汁のいろいろな飲み方のアレンジ方法や料理レシピを紹介!
青汁は毎日続けていくことが重要ですが、青臭さが苦手な人にとっては苦痛であり、また大丈夫な人でも飲み続けることによる「飽き」を経験する場合があります。ここではそんな方のためにいろいろな青汁の飲み方やアレンジ料理をご紹介します。
青汁の主な原材料の特徴や効果まとめ
青汁に使われている主な原料として、ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉の特徴や効果を紹介しています。
青汁がもたらす健康効果とは?飲む前に知っておきたいポイント
青汁の健康効果についてその原料や種類によるチェック方法をまとめています。ケールや大麦若葉、明日葉などの主要な成分について情報を掲載していますので自分に最適な青汁選びのヒントとしてぜひ参考にしてみましょう。
青汁の原料でよく使われるケールと大麦若葉の違いは?
青汁といえばケールと大麦若葉の二つが主な材料となっていますが、これら二つにはどんな違いがあるのでしょうか。それぞれの栄養バランスや効果について掲載しており自分に最適な青汁選びの重大ポイントとなるので参考にしましょう。
青汁で本当に栄養が摂れるの?
ここ数年、多くの「美味しい青汁」が発売されたことによって青汁の人気が高まっています。しかし大事なのは栄養が摂れること。ここでは美味しい青汁でも本当に栄養が摂れるのかについて説明していきます。
ワーファリンを飲んでいる人が青汁を飲んではいけない理由
ワーファリンと呼ばれる薬品を服用している人は、一般的な青汁を飲んではいけません。どんなリスクがあるのかこちらでご紹介しています。主には血液の質を変えてしまい、動脈硬化などを促してしまう危険性が隠れているので選び方に注意しましょう。
【保存版】野菜不足による症状とは?おすすめの解消法を紹介
普段の食生活に気をつけていても野菜不足になってしまう事があります。そこで野菜不足によって体に起きる様々な症状や知っておきたい解消法、また不足している栄養素を補うには青汁がおすすめの理由などをまとめました。
青汁のカロリーはどれくらい?
青汁のカロリー量はどれくらいなのでしょうか。ダイエットのつもりで飲む場合に知っておきたい情報をまとめています。青汁自体のカロリー量に加えて、トッピングを加えて飲む場合の注意点にも触れていますので参考にしましょう。
【保存版】青汁の副作用や飲んではいけない人とは?
青汁の副作用や、避けるべき例についてこちらにまとめています。本来青汁は健康的な飲料ですが、飲み方を誤ると副作用が発生する可能性があります。また青汁を飲んではいけない、量を考慮すべきケースについてもまとめています。
【徹底解説 】青汁とグリーンスムージーとの違いとは?
青汁とよく比較されるのがグリーンスムージーですが、両者の違いはどのようなところにあるのでしょうか?ここでは栄養士さんにもご協力いただき、それぞれの違いを比較してみました。せっかくなので野菜ジュースも含めてみました。
青汁はやっぱり習慣にしたほうが良いの?いまさら聞けない常識まとめ
青汁は健康食品としてすでに定着していますが、習慣にした方が良いのかなど、青汁の基本的な知識をしっかりと持っている人は実はそれほど多くありません。ここでは青汁の歴史や現在の状況、習慣についてなど"常識"を説明しています。
まずいイメージのある青汁の味が改善されているのは本当?
青汁は1980年代のテレビCMによって認知が一気に広がりましたが、自虐的なCM内容のインパクトが大きく、「まずい」という印象が一般的になりました。現在は青汁の味がどのようになっているのか説明します。