青汁がまずいというイメージ・・・今は?

 

健康のために青汁を飲んでみたいけれど、昔流れていたCMの影響で青汁=まずいもの、と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

現在はかなり状況が変わっており、最近の青汁は、過去とは比べ物にならないほど美味しくなっています。


多くの青汁商品が競い合って味が格段とレベルアップ

青汁が世に出回り始めた1980年頃はテレビCMで悪役俳優が青汁の不味さをアピールしたり、バラエティ番組では罰ゲームとして青汁を飲まされたりして、青汁=まずい、というイメージが定着しました。

 

その反面、健康食品としての青汁の知名度が高くなり、多くの企業が青汁の商品化に踏み切ったのです。そのため競争原理が働いて、メーカー各社とも味のレベルアップを図るようになり、美味しい青汁が多く出回るようになりました。

 

青汁がまずい、というイメージは既に過去のものとなったのです。


美味しくなったけれども栄養面はどうなのか?

美味しくなったのは消費者にとって喜ばしいことですが、そのために青汁が本来持っていた栄養面でのアドバンテージが損なわれたのではないか?と心配する人も多くいます。

 

しかし、青汁の原材料となる野菜を作っている農家や各社の企業努力により、青汁が持つ栄養分を損なわずに美味しい商品が出回るようになりました。

 

青汁を飲みやすくするために青汁の原材料の代表格であったケール以外の緑黄色野菜を使用したり、お茶感覚で飲めるように茶葉をブレンドしたりと、各社それぞれ様々な工夫をしています。

 

>>サントリー 極の青汁の口コミ・成分・価格などを徹底紹介

 

ただ一部では人工甘味料を多用して「美味しさ」を作り出している商品もあります。このような商品は避けた方がいいでしょう。購入する前には必ず青汁商品の原材料を確認するようにしましょう。

 

味もバリエーションが豊富

 

美味しくなったと言っても所詮青汁は青汁、商品によってさほど違いはないだろうと思っている人もいるかも知れません。ところが、商品によって青汁の味は全然違うのです。

 

最近人気を得ているのは抹茶風味の青汁です。抹茶感覚で飲める青汁は、野菜嫌いな人にお勧めです。またダイエットをしている女性を中心にフルーツジュースの味をしたフルーツ青汁というジャンルも確立されてきました。反対に、飲みやすいものの、あえて苦味を残した青汁などもあります。

 

いろいろなバリエーションがありどれを選んだら良いか迷ってしまいますが、そのような場合には青汁の人気ランキングなどを参考にすると良いでしょう。商品によってはワンコインで購入できるお試し・サンプルなども提供しているので、それらを試してみるのもおすすめです。

 

青汁が健康にいいことはわかっていても、不味ければなかなか続けられないものです。無理なく青汁の習慣を続けられるように、美味しい青汁を選びましょう。

 

青汁,まずい

青汁,まずい

 


目的別おすすめ青汁

ダイエット

便秘解消

妊婦

>>クリック

>>クリック

>>クリック

授乳中

野菜不足

美容・美肌

>>クリック

>>クリック

>>クリック

大麦若葉

明日葉

ケール

>>クリック

>>クリック

>>クリック

関連ページ

青汁はホットで飲んでも良い?
寒い日に試してみたい、ホットで飲む青汁についてご紹介しています。ホットで飲むメリットと注意点を中心に情報を集めています。温かい飲み物を飲むことで得られる効果は多彩であり、従来の青汁の効果を高めてくれるのでおすすめです。
青汁を飲むタイミングは?いつ飲むのが効果的?
薬ではない青汁は自由な時間に飲んでかまわない食品ですが、効果が高いタイミングというものが存在します。ダイエット目的で青汁を飲む場合の飲むタイミングについて、また栄養素を補給するためのタイミングについて、チェックしましょう。
青汁のいろいろな飲み方のアレンジ方法や料理レシピを紹介!
青汁は毎日続けていくことが重要ですが、青臭さが苦手な人にとっては苦痛であり、また大丈夫な人でも飲み続けることによる「飽き」を経験する場合があります。ここではそんな方のためにいろいろな青汁の飲み方やアレンジ料理をご紹介します。
青汁の主な原材料の特徴や効果まとめ
青汁に使われている主な原料として、ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉の特徴や効果を紹介しています。
青汁がもたらす健康効果とは?飲む前に知っておきたいポイント
青汁の健康効果についてその原料や種類によるチェック方法をまとめています。ケールや大麦若葉、明日葉などの主要な成分について情報を掲載していますので自分に最適な青汁選びのヒントとしてぜひ参考にしてみましょう。
青汁の原料でよく使われるケールと大麦若葉の違いは?
青汁といえばケールと大麦若葉の二つが主な材料となっていますが、これら二つにはどんな違いがあるのでしょうか。それぞれの栄養バランスや効果について掲載しており自分に最適な青汁選びの重大ポイントとなるので参考にしましょう。
青汁で本当に栄養が摂れるの?
ここ数年、多くの「美味しい青汁」が発売されたことによって青汁の人気が高まっています。しかし大事なのは栄養が摂れること。ここでは美味しい青汁でも本当に栄養が摂れるのかについて説明していきます。
一人暮らしでも栄養失調にならずに栄養をバランスよく摂るには?
一人暮らしだとなかなか栄養バランスを考えた食事をする事が難しいのではないでしょうか?栄養失調と言ってもいろいろありますがなってしまうととても危険です。そこで栄養失調によるリスクや危険性、青汁を飲んで栄養素の補い方などを見てみましょう。
ワーファリンを飲んでいる人が青汁を飲んではいけない理由
ワーファリンと呼ばれる薬品を服用している人は、一般的な青汁を飲んではいけません。どんなリスクがあるのかこちらでご紹介しています。主には血液の質を変えてしまい、動脈硬化などを促してしまう危険性が隠れているので選び方に注意しましょう。
【保存版】野菜不足による症状とは?おすすめの解消法を紹介
普段の食生活に気をつけていても野菜不足になってしまう事があります。そこで野菜不足によって体に起きる様々な症状や知っておきたい解消法、また不足している栄養素を補うには青汁がおすすめの理由などをまとめました。
青汁のカロリーはどれくらい?
青汁のカロリー量はどれくらいなのでしょうか。ダイエットのつもりで飲む場合に知っておきたい情報をまとめています。青汁自体のカロリー量に加えて、トッピングを加えて飲む場合の注意点にも触れていますので参考にしましょう。
【保存版】青汁の副作用や飲んではいけない人とは?
青汁の副作用や、避けるべき例についてこちらにまとめています。本来青汁は健康的な飲料ですが、飲み方を誤ると副作用が発生する可能性があります。また青汁を飲んではいけない、量を考慮すべきケースについてもまとめています。
【徹底解説 】青汁とグリーンスムージーとの違いとは?
青汁とよく比較されるのがグリーンスムージーですが、両者の違いはどのようなところにあるのでしょうか?ここでは栄養士さんにもご協力いただき、それぞれの違いを比較してみました。せっかくなので野菜ジュースも含めてみました。
青汁はやっぱり習慣にしたほうが良いの?いまさら聞けない常識まとめ
青汁は健康食品としてすでに定着していますが、習慣にした方が良いのかなど、青汁の基本的な知識をしっかりと持っている人は実はそれほど多くありません。ここでは青汁の歴史や現在の状況、習慣についてなど"常識"を説明しています。