野菜不足によって現れる症状

野菜,不足,症状,解消

 

野菜不足が引き起こす体の不調は様々な物があります。野菜には食物繊維が豊富に含まれているのですが、野菜が不足してしまうと腸の働きが悪くなり便秘を引き起こしてしまいます。腸内環境が悪くなると、アレルギーや老化、肌荒れなど様々な症状を引き起こす原因を作ってしまいます。

 

また野菜に含まれているビタミン類は人間が体の中で自分で作れないので外から補うしかありません。ビタミンは免疫力や異物を排除する働きを持っています。これらが不足してしまうと、風邪を引きやすくなったりガンの発生率が今より上がる事も考えられるのです。

 

特にビタミンAはガン予防や老化防止にかかせない成分ですし、ビタミンBやビタミンCが不足すると疲れが取れにくくなったりします。また肌荒れやシミができやすくなり、白髪や抜け毛が増える原因にもなります。

 

平成26年 国民健康・栄養調査結果の概要
厚労省が推奨する1日の野菜摂取量

350g

男性の1日の野菜摂取量

300.8g

女性の1日の野菜摂取量

285.0g

男女計

292.3g

 

野菜不足はカルシウムも不足する

その他にも野菜には鉄分やカルシウムも豊富に含まれていますので、不足するとめまいやふらつきといった貧血の症状が出始めます。

 

カルシウムは乳製品というイメージがありますが、野菜にも多く含まれています。カルシウムは骨や歯を作る、神経の興奮を抑制する働きがあるので、不足すると歯や骨がもろくなったりイライラしやすくなります。

 

また成長ホルモン分泌のために使われるカルシウムを摂らないことで分泌が少なくなり、脂肪を分解する事ができなくなるため肥満になりやすくなるのです。さらに血中に老廃物が溜まりやすくなるので、血液もドロっとしやすくなります。

 

野菜不足におすすめの解消法

野菜,不足,症状,解消

 

1日の必要な野菜の量は350グラムですが、普段意識して野菜を摂っているという方でも350グラムは大変な量です。特に自炊をしない方やしても料理のレパートリーが豊富にないと難しいため、できるだけ野菜を効率的に取り入れる事を考えましょう。

カット野菜

野菜不足と言われる一人暮らしの食生活に多いのが単品です。仕事が忙しく、サッと食べて終わりにしたいのでカップ麺のみやカレーのみの単品になりがちです。

 

そんな時にはコンビニにも売られているサラダを活用しましょう。スーパーであればカットサラダやカット野菜が使えます。

 

袋のラーメンを作る時にカット野菜を一緒に煮込むだけでも野菜は多少摂れます。また野菜ジュースもそこにプラスして野菜を効率的に補いましょう。

サプリメント

また自炊をしたくない方にはサプリメントがあります。ビタミンやミネラルといった成分のサプリメントを直接飲むのもおすすめです。

 

しかし栄養素のバランスを考えた時に偏りがちな部分も出てくるので、野菜を摂りつつサプリメントで補うという形の方が好ましいです。

 

野菜が苦手であれば、りんごやバナナなどのフルーツでビタミンを補う事もできます。糖分が多いので食べ過ぎには注意が必要ですが、野菜に飽きた時に取り入れるのがおすすめです。

青汁

また体内の吸収も良く、栄養素をバランスよく摂る事ができるのが青汁です。青臭い味が苦手でも、主原料が大麦若葉などであれば比較的飲みやすいですし、それでも苦手ならサプリメントもあります。いつもの食事にプラスするだけで、簡単で手間なく飲む事ができます。

 

青汁をおすすめする理由

慢性的な野菜不足で悩んでいる場合、意識すれば一時的に野菜多めの食事を取り入れられます。しかしそれを毎日続けないといけないとなると、非常に難しいのではないでしょうか。

 

1日に必要な野菜は350グラムで、普段から食べている人でも100グラムは足りないと言われているのです。そこで毎日続けられて、手間がなく効率的に野菜を摂れるものでは青汁がおすすめです。

野菜ジュースよりも糖分が少ない

よく似ているもので野菜ジュースがありますが、野菜ジュースには添加物や糖分、食塩が含まれています。毎日続けていると、糖分を摂りすぎて肥満につながる可能性もあります。

栄養価が高い

また青汁の主原料は直接食べるには調理しにくいケールや大麦若葉や桑の葉といった野菜を使用しています。これらは苦味が強いですが、非常に栄養価が高いのです。それを飲みやすい粉末やサプリメントにしているのが青汁です。甘さを使用していない野菜ジュースと比較したとしても、青汁の方が栄養価が高いのです。

いつでも飲める

食物繊維や乳酸菌が豊富な青汁は便秘解消にもつながります。飲む時に栄養のバランスを考えて色んな成分を配合しているため、欲しいと思う栄養が摂れるメリットがあります。粉末やサプリメントは特に旅行や外出、仕事先にも携帯する事ができるため便利なのです。

コスパが良い

青汁は高いというイメージを持つ方もいるでしょうが、それは1ヶ月分、2ヶ月分というまとめ買いだからで、1日に単純計算するとそれほど高くありません。また冷凍タイプやドリンクなど生活に合わせてタイプを選べるのが嬉しいポイントです。

 

 

野菜,不足,症状,解消

野菜,不足,症状,解消


目的別おすすめ青汁

ダイエット

便秘解消

妊婦

>>クリック

>>クリック

>>クリック

授乳中

野菜不足

美容・美肌

>>クリック

>>クリック

>>クリック

大麦若葉

明日葉

ケール

>>クリック

>>クリック

>>クリック

関連ページ

青汁はホットで飲んでも良い?
寒い日に試してみたい、ホットで飲む青汁についてご紹介しています。ホットで飲むメリットと注意点を中心に情報を集めています。温かい飲み物を飲むことで得られる効果は多彩であり、従来の青汁の効果を高めてくれるのでおすすめです。
青汁を飲むタイミングは?いつ飲むのが効果的?
薬ではない青汁は自由な時間に飲んでかまわない食品ですが、効果が高いタイミングというものが存在します。ダイエット目的で青汁を飲む場合の飲むタイミングについて、また栄養素を補給するためのタイミングについて、チェックしましょう。
青汁のいろいろな飲み方のアレンジ方法や料理レシピを紹介!
青汁は毎日続けていくことが重要ですが、青臭さが苦手な人にとっては苦痛であり、また大丈夫な人でも飲み続けることによる「飽き」を経験する場合があります。ここではそんな方のためにいろいろな青汁の飲み方やアレンジ料理をご紹介します。
青汁の主な原材料の特徴や効果まとめ
青汁に使われている主な原料として、ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉の特徴や効果を紹介しています。
青汁がもたらす健康効果とは?飲む前に知っておきたいポイント
青汁の健康効果についてその原料や種類によるチェック方法をまとめています。ケールや大麦若葉、明日葉などの主要な成分について情報を掲載していますので自分に最適な青汁選びのヒントとしてぜひ参考にしてみましょう。
青汁の原料でよく使われるケールと大麦若葉の違いは?
青汁といえばケールと大麦若葉の二つが主な材料となっていますが、これら二つにはどんな違いがあるのでしょうか。それぞれの栄養バランスや効果について掲載しており自分に最適な青汁選びの重大ポイントとなるので参考にしましょう。
青汁で本当に栄養が摂れるの?
ここ数年、多くの「美味しい青汁」が発売されたことによって青汁の人気が高まっています。しかし大事なのは栄養が摂れること。ここでは美味しい青汁でも本当に栄養が摂れるのかについて説明していきます。
一人暮らしでも栄養失調にならずに栄養をバランスよく摂るには?
一人暮らしだとなかなか栄養バランスを考えた食事をする事が難しいのではないでしょうか?栄養失調と言ってもいろいろありますがなってしまうととても危険です。そこで栄養失調によるリスクや危険性、青汁を飲んで栄養素の補い方などを見てみましょう。
ワーファリンを飲んでいる人が青汁を飲んではいけない理由
ワーファリンと呼ばれる薬品を服用している人は、一般的な青汁を飲んではいけません。どんなリスクがあるのかこちらでご紹介しています。主には血液の質を変えてしまい、動脈硬化などを促してしまう危険性が隠れているので選び方に注意しましょう。
青汁のカロリーはどれくらい?
青汁のカロリー量はどれくらいなのでしょうか。ダイエットのつもりで飲む場合に知っておきたい情報をまとめています。青汁自体のカロリー量に加えて、トッピングを加えて飲む場合の注意点にも触れていますので参考にしましょう。
【保存版】青汁の副作用や飲んではいけない人とは?
青汁の副作用や、避けるべき例についてこちらにまとめています。本来青汁は健康的な飲料ですが、飲み方を誤ると副作用が発生する可能性があります。また青汁を飲んではいけない、量を考慮すべきケースについてもまとめています。
【徹底解説 】青汁とグリーンスムージーとの違いとは?
青汁とよく比較されるのがグリーンスムージーですが、両者の違いはどのようなところにあるのでしょうか?ここでは栄養士さんにもご協力いただき、それぞれの違いを比較してみました。せっかくなので野菜ジュースも含めてみました。
青汁はやっぱり習慣にしたほうが良いの?いまさら聞けない常識まとめ
青汁は健康食品としてすでに定着していますが、習慣にした方が良いのかなど、青汁の基本的な知識をしっかりと持っている人は実はそれほど多くありません。ここでは青汁の歴史や現在の状況、習慣についてなど"常識"を説明しています。
まずいイメージのある青汁の味が改善されているのは本当?
青汁は1980年代のテレビCMによって認知が一気に広がりましたが、自虐的なCM内容のインパクトが大きく、「まずい」という印象が一般的になりました。現在は青汁の味がどのようになっているのか説明します。