【徹底解説 】青汁とグリーンスムージーの違いとは?

 

ダイエットや栄養補給で青汁とよく比較されるのはグリーンスムージーですが、どのような違いがあるのかよく分からないという声を多く聞きます。そこでここでは両者の違いについて詳しく説明していきます。

 

定義

まずそれぞれの定義になります。これによると「果物を入れるかどうか」が大きな相違点であることが分かります。

 

青汁とは?

はっきりとした定義が書かれている文献は無かったのですが、いろいろな情報を総合すると、青汁の定義は次のようになります。

 

ビタミンやカルシウムが豊富に含まれた緑黄色野菜の葉の絞り汁

 

グリーンスムージーとは?

グリーンスムージーはヴィクトリア・ブーテンコという方が考案したものです。グリーンスムージーの公式サイト(http://www.greensmoothie.jp/)があり、それによるとグリーンスムージーの定義は次のようになっています。

 

生の葉野菜と生の果物をミキサーで混ぜ合わせて作る飲み物

 

 

比較

続いて青汁とグリーンスムージーをいろいろな点で比べてみました。ここでは参考までに野菜ジュースも入れて比較してみました。

 

 

青汁

グリーンスムージー

野菜ジュース

商品 サントリー 極の青汁 ナチュラルヘルシースタンダード 充実野菜 緑の野菜ミックス 紙パック 200ml

原材料

表の下に記載

カロリー

10.9kcal

22.86kcal

70kcal

飲み方 100ccの水や牛乳、ヨーグルトなどに混ぜて 約200ccの水または牛乳などに混ぜて そのまま
1日の目安 1~3包(100~300cc相当) 1日6g(200cc相当) 1パック(200cc)
1杯あたり費用

117円

71円

108円

 

極の青汁 原材料名

大麦若葉末、マルチトール、フラクトオリゴ糖、ガラクトマンナン(食物繊維)、明日葉末、抹茶、煎茶、酵素処理ルチン

 

ナチュラルヘルシースタンダード(ミネラル酵素スムージー マンゴー味) 原材料名

イヌリン、大麦若葉末、果糖、マンゴーパウダー(マンゴーピューレ、マルトース、デキストリン)、サイリウムハスク末、油脂調整粉末(乳成分・大豆を含む)、グルコマンナン、エリスリトール、加工黒糖、アカシア食物繊維、抹茶、グレープフルーツ濃縮果汁末、銅含有酵母、亜鉛含有酵母、植物発酵エキス末(カシューナッツ・キウイフルーツ・ごま・バナナ・もも・やまいも・りんごを含む)/増粘剤(キサンタンガム)、香料、酸味料、塩化K、乳酸Ca、甘味料(ステビア)、V.C、レシチン、酸化Mg、抽出V.E、ナイアシン、ラカンカ抽出物、パントテン酸Ca、クエン酸鉄Na、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、ビオチン、V.D、V.B12

 

充実野菜 緑の野菜ミックス 原材料名

野菜汁(ほうれん草、緑豆スプラウト(もやし)、セロリ、ケール、モロヘイヤ、にんじん、グリーンピース、きゅうり、インゲン豆、アスパラガス、ピーマン、小松菜、白菜、メキャベツの葉、あしたば、パセリ、クレソン、ブロッコリー、かぼちゃ、キャベツ、ラディッシュ、三つ葉)、果汁(りんご、ぶどう、レモン、オレンジ)/香料、ピロリン酸第二鉄、ベニバナ黄色素、クチナシ色素

 

 

栄養士さんに聞いてみた

気になるポイントを栄養士の方にいろいろと聞いてみました。

 

 

栄養成分やバランスはそれぞれどうですか?

 

極の青汁には国産の大麦若葉と明日菜の栄養が凝縮して配合されており、さらに野菜ポリフェノール「ケルセチン」と「フラクトオリゴ糖」も同時に配合されています。普段、野菜不足や食生活の栄養バランスを崩しやすい方におすすめです。

 

ミネラル酵素スムージーには多くの野菜や果物、植物から抽出した栄養や酵素、ミネラルが豊富に含まれ、日頃の野菜不足や栄養不足、ダイエット、便秘解消などいろいろな目的に利用できます。青汁や野菜ジュースと異なり、とても優れた栄養成分やバランスを体に取り入れることが可能です。

 

野菜ジュースは青汁やミネラル酵素スムージーのような豊富な栄養成分を体内に摂り入れることは出来ませんが、普段あまり食べることが出来ない野菜の栄養を手軽に体内へ取り入れることが出来るというメリットはあります。


 

 

ダイエット目的ならどれが良いですか?

 

ダイエット目的で選ぶならミネラル酵素スムージーですね。極の青汁や野菜ジュースを利用してダイエットを行うことは可能ですが、ミネラル酵素スムージーほど効率は良くありません。

 

ミネラル酵素スムージーにはダイエットしやすい栄養成分が豊富に含まれています。ダイエットに必要不可欠な栄養成分として野菜や果物、植物に含まれるビタミンやミネラルのほか、酵素がとても重要と言われています。

 

体内に取り込まれた酵素は消化酵素と代謝酵素に分かれます。太りやすい方やダイエットが成功しない方は体内酵素が不足しているのが原因です。ミネラル酵素スムージーではこの酵素を摂取することが可能です。


 

 

野菜不足の解消目的で選ぶならどれが良いですか?

 

野菜不足の解消目的で選ぶなら極の青汁が良いです。厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取目安量は350g(グラム)です。極の青汁には豊富な栄養成分が配合されており、1日の不足する野菜摂取量を補うことが期待できます。

 

極の青汁は1日、1~3包を目安に飲みます。1包あたりに含まれる栄養成分はケルセチン配糖体18mg(ミリグラム)、フラクトオリゴ糖334mg、食物繊維0.96g、ビタミンC4.09~14.3mg、ビタミンE0.04~0.36mg、ビタミンK5.15~70.6μg(マイクログラム)となっており、野菜ジュースに比べ栄養成分の含有量が豊富です。

 

毎日の食生活に極の青汁を加えるだけで野菜不足を補うことが期待できます。


 

 

便秘解消目的で選ぶならどれが良いですか?

 

便秘解消目的で選ぶならミネラル酵素スムージーですね。極の青汁や野菜ジュースでも体内で不足する栄養成分を摂取することができるので便秘症改善に利用できますが、それよりも酵素を豊富に含んだミネラル酵素スムージーの方が良いと思います。

 

便秘解消には食物繊維が効果があると言われていますが、近年では酵素も便秘解消に効果があると言われています。酵素は体内に摂取された酵素は食べた物を消化吸収する働きを高め、体内や細胞に溜まった老廃物を体外に排出する働きがあります。


 

 

美肌効果はどれが一番ありますか?

 

美肌効果はミネラル酵素スムージーが最も期待できると思います。ただし極の青汁や野菜ジュースでも美肌に必要不可欠なビタミン類を摂取することは出来ます。

 

ミネラル酵素スムージーには美肌作用に重要なビタミン類以外にミネラルや酵素、葉酸、パントテン酸などが含まれており、これらには細胞の老化現象である活性酵素を除去する働きがあります。

 

極の青汁や野菜ジュースに含まれる栄養成分はあくまでも1日、不足しやすい栄養を補うことが出来るものです。その為に含有されている栄養成分は野菜に含まれるビタミン類や糖質、食物繊維、カリウム、カルシウム、鉄分、マグネシウム、リンなどになります。


 

 

グリーンスムージーに青汁粉末を混ぜても大丈夫ですか?

 

はい、大丈夫です。ただしアレルギーをお持ちの方や持病を抱えられている方、妊娠や授乳中の方、薬を服用されている方は医師や薬剤師に相談してください。

 

また極の青汁にはビタミンKが含まれていますので、ビタミンKの摂取制限を受けている方は注意が必要です。副作用は十分、注意しましょう。


 

 

粉末青汁を牛乳や豆乳で割って飲むデメリットはありますか?

 

牛乳や豆乳で割ると、それらに含まれる脂分が胃や腸の粘膜に膜を張り、せっかく摂取した栄養成分の吸収率が損なわれやすくなります。

 

ただしあくまで吸収率の話であって、青汁に含まれる栄養成分は牛乳や豆乳に含まれる栄養成分と組み合わせて飲んでもも問題はありません。飲みやすい形で続けることが大切です。


 

 

青汁とグリーンスムージー、両方飲むと効果的ですか?

 

相乗効果があるかは分かりませんが、青汁とグリーンスムージーそれぞれの効果は期待できると思います。

 

また両方とも天然由来から抽出した栄養成分なので、一緒に飲んでも問題はありませんが、場合によっては好転反応や副作用が現れる場合が考えられるので少量からスタートした方が良いでしょう。


 

 

さいごに

 

青汁やミネラル酵素スムージー、野菜ジュースはそれぞれ特徴があるので用途に合わせることが重要です。

 

日頃の野菜不足を補うには青汁や野菜ジュースの方が料金的に利用しやすいです。一方でダイエットや便秘解消などの悩みにはミネラル酵素スムージーの方が効果が期待できます。

 

青汁や野菜ジュース、ミネラル酵素スムージーをバランス良く組み合わせて、ご自身の飲みやすい飲み物を作って見るのも良いでしょう。ただし野菜ジュースは青汁やミネラル酵素スムージーより糖質値が高いのでダイエットを行う際は注意が必要です。


 

目的別おすすめ青汁

ダイエット

便秘解消

妊婦

>>クリック

>>クリック

>>クリック

授乳中

野菜不足

美容・美肌

>>クリック

>>クリック

>>クリック

大麦若葉

明日葉

ケール

>>クリック

>>クリック

>>クリック

関連ページ

青汁はホットで飲んでも良い?
寒い日に試してみたい、ホットで飲む青汁についてご紹介しています。ホットで飲むメリットと注意点を中心に情報を集めています。温かい飲み物を飲むことで得られる効果は多彩であり、従来の青汁の効果を高めてくれるのでおすすめです。
青汁を飲むタイミングは?いつ飲むのが効果的?
薬ではない青汁は自由な時間に飲んでかまわない食品ですが、効果が高いタイミングというものが存在します。ダイエット目的で青汁を飲む場合の飲むタイミングについて、また栄養素を補給するためのタイミングについて、チェックしましょう。
青汁のいろいろな飲み方のアレンジ方法や料理レシピを紹介!
青汁は毎日続けていくことが重要ですが、青臭さが苦手な人にとっては苦痛であり、また大丈夫な人でも飲み続けることによる「飽き」を経験する場合があります。ここではそんな方のためにいろいろな青汁の飲み方やアレンジ料理をご紹介します。
青汁の主な原材料の特徴や効果まとめ
青汁に使われている主な原料として、ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉の特徴や効果を紹介しています。
青汁がもたらす健康効果とは?飲む前に知っておきたいポイント
青汁の健康効果についてその原料や種類によるチェック方法をまとめています。ケールや大麦若葉、明日葉などの主要な成分について情報を掲載していますので自分に最適な青汁選びのヒントとしてぜひ参考にしてみましょう。
青汁の原料でよく使われるケールと大麦若葉の違いは?
青汁といえばケールと大麦若葉の二つが主な材料となっていますが、これら二つにはどんな違いがあるのでしょうか。それぞれの栄養バランスや効果について掲載しており自分に最適な青汁選びの重大ポイントとなるので参考にしましょう。
青汁で本当に栄養が摂れるの?
ここ数年、多くの「美味しい青汁」が発売されたことによって青汁の人気が高まっています。しかし大事なのは栄養が摂れること。ここでは美味しい青汁でも本当に栄養が摂れるのかについて説明していきます。
一人暮らしでも栄養失調にならずに栄養をバランスよく摂るには?
一人暮らしだとなかなか栄養バランスを考えた食事をする事が難しいのではないでしょうか?栄養失調と言ってもいろいろありますがなってしまうととても危険です。そこで栄養失調によるリスクや危険性、青汁を飲んで栄養素の補い方などを見てみましょう。
ワーファリンを飲んでいる人が青汁を飲んではいけない理由
ワーファリンと呼ばれる薬品を服用している人は、一般的な青汁を飲んではいけません。どんなリスクがあるのかこちらでご紹介しています。主には血液の質を変えてしまい、動脈硬化などを促してしまう危険性が隠れているので選び方に注意しましょう。
【保存版】野菜不足による症状とは?おすすめの解消法を紹介
普段の食生活に気をつけていても野菜不足になってしまう事があります。そこで野菜不足によって体に起きる様々な症状や知っておきたい解消法、また不足している栄養素を補うには青汁がおすすめの理由などをまとめました。
青汁のカロリーはどれくらい?
青汁のカロリー量はどれくらいなのでしょうか。ダイエットのつもりで飲む場合に知っておきたい情報をまとめています。青汁自体のカロリー量に加えて、トッピングを加えて飲む場合の注意点にも触れていますので参考にしましょう。
【保存版】青汁の副作用や飲んではいけない人とは?
青汁の副作用や、避けるべき例についてこちらにまとめています。本来青汁は健康的な飲料ですが、飲み方を誤ると副作用が発生する可能性があります。また青汁を飲んではいけない、量を考慮すべきケースについてもまとめています。
青汁はやっぱり習慣にしたほうが良いの?いまさら聞けない常識まとめ
青汁は健康食品としてすでに定着していますが、習慣にした方が良いのかなど、青汁の基本的な知識をしっかりと持っている人は実はそれほど多くありません。ここでは青汁の歴史や現在の状況、習慣についてなど"常識"を説明しています。
まずいイメージのある青汁の味が改善されているのは本当?
青汁は1980年代のテレビCMによって認知が一気に広がりましたが、自虐的なCM内容のインパクトが大きく、「まずい」という印象が一般的になりました。現在は青汁の味がどのようになっているのか説明します。