青汁のカロリーはどれくらい?

 

ダイエットに良さそうだと思って使い始めた食品が、実はカロリーが高かったためダイエットが上手くいかなかったというケースは珍しくありません。

 

健康的にダイエットできると評判の青汁のカロリーは他の食品と比べてどうでしょうか?また青汁の種類ごとのカロリーについてもご紹介します。

 

青汁ナビが紹介している青汁のカロリーを調べたところ、粉末タイプで1杯あたり平均12.1kcal、ゼリータイプで1食あたり平均11.4kcal、粒(サプリ)タイプで1回の摂取あたり平均2.9kcalという数値になりました。

 

商品別カロリー 比較グラフ

(クリックで拡大 ※別ウィンドウで開く)

 

商品別カロリー 一覧

商品名

アスパルテーム

カロリー(kcal)

グラマラスリム・スムージー

粉末

26.13kcal

遠藤博士の青汁みどり

粉末

18kcal

美力青汁

粉末

17.77kcal

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

ゼリー

17.25kcal

本搾り青汁ベーシック

粉末

9.6~16kcal

青汁ゼリー

ゼリー

14kcal

ユーグレナ・ファームの緑汁

粉末

13.4kcal

えがおの青汁満菜

粉末

12.6kcal

青汁畑

粉末

12.47kcal

本物の生搾り青汁・リッチグリーン

粉末

9.5~12.2kcal

やわたのおいしい青汁

粉末

12kcal

飲みごたえ野菜青汁

粉末

11.9kcal

すっきりフルーツ青汁

粉末

11.7kcal

フレッシュフルーツ青汁

粉末

11.7kcal

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

粉末

11.66kcal

生青汁

粉末

11.61kcal

こどもバナナ青汁

粉末

11.6kcal

ハッピーマジック

粉末

11.4kcal

ふるさと青汁

粉末

11.13kcal

緑がおいしい青汁

粉末

11kcal

極の青汁

粉末

10.9kcal

藍の青汁

粉末

10.59kcal

神仙桑抹茶ゴールド

粉末

10.5kcal

あしたば青汁

粉末

10.13kcal

青汁サラダプラス

粉末

9.27kcal

極選青汁

粉末

8.1kcal

菜善青汁

粉末

7.44kcal

楽・月・花

粉末

4.58kcal

ステラの贅沢青汁

4.01kcal

美感青汁

ゼリー

3kcal

酵素青汁111選セサミンプラス

1.84kcal

粉末タイプ平均

12.1kcal

ゼリータイプ平均

11.4kcal

粒タイプ平均

2.9kcal

全タイプ平均

11.5kcal

 

 

続けてダイエットで人気の酵素ドリンクのカロリーを調べたところ、以下の通り一番カロリーの低いベジライフ酵素液でも青汁よりカロリーが高く、平均では約3倍近く差がありました。

酵素ドリンク

商品名

カロリー(kcal)

ベジスリム酵素ドリンク

63 kcal

お嬢様酵素

39 kcal

わがまま酵素

26 kcal

毎日酵素

21.2 kcal

ベジライフ酵素液

約15kcal

酵素ドリンク平均

32.8kcal

 

 

次に、野菜不足解消や便秘対策などで人気の野菜ジュースをいくつかピックアップしてカロリーを調べてみました。野菜ジュースも平均で約30kcalと、青汁よりも高くなっています。

野菜ジュース

商品名

カロリー(kcal)

9種類のくだもの野菜

41 kcal

無添加野菜23種の野菜と果実

36 kcal

充実野菜 緑黄色野菜ミックス

34kcal

緑黄色野菜1日分

20 kcal

カゴメ野菜ジュース

19 kcal

野菜ジュース平均

30kcal

 

 

このように青汁のカロリーは他の食品と比較すると全般的に摂取カロリーが低いことが分かります。ただ、青汁を選ぶ時や飲む時には知っておきたいことがあります。

 

 

青汁を選ぶ時、飲む時に知っておきたいこと

人工甘味料について

多くの食品で販売されているカロリーオフ、カロリーゼロ商品の立役者である人工甘味料ですが、青汁でも使われている商品があります。いずれも食品衛生法に基づく添加物なので問題はありませんが、気になる方は避けましょう。

 

人工甘味料を使っている青汁商品
※商品名をクリックすると青汁ナビの商品レビューページに移動します。

商品名

人工甘味料

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

ネオテーム、スクラロース

フレッシュフルーツ青汁

アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK

青汁ゼリー

アセスルファムK、スクラロース

グラマラスリム・スムージー

アスパルテーム:L-フェニルアラニン化合物

青汁畑

スクラロース

 

他の食品と一緒に飲む場合にはその分のカロリーがかかる

特に粉末タイプの青汁についてですが、牛乳や豆乳、ヨーグルトなどの食品と一緒に飲む場合には、その分のカロリーがかかることに注意しましょう。

 

例えば、牛乳100ccのカロリーは67kcal、豆乳100ccは65kcal、ヨーグルトは60kcalほどあります。青汁自体のカロリーは10 kcal程度であっても、牛乳と混ぜれば合計80kcal近くになります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?青汁は他のダイエット食品、健康食品と比べて摂取カロリーが低くなっている点が特長です。カロリー重視で商品を選ぶのであれば青汁がおすすめです。


目的別おすすめ青汁

ダイエット

便秘解消

妊婦

>>クリック

>>クリック

>>クリック

授乳中

野菜不足

美容・美肌

>>クリック

>>クリック

>>クリック

大麦若葉

明日葉

ケール

>>クリック

>>クリック

>>クリック

関連ページ

青汁はホットで飲んでも良い?
寒い日に試してみたい、ホットで飲む青汁についてご紹介しています。ホットで飲むメリットと注意点を中心に情報を集めています。温かい飲み物を飲むことで得られる効果は多彩であり、従来の青汁の効果を高めてくれるのでおすすめです。
青汁を飲むタイミングは?いつ飲むのが効果的?
薬ではない青汁は自由な時間に飲んでかまわない食品ですが、効果が高いタイミングというものが存在します。ダイエット目的で青汁を飲む場合の飲むタイミングについて、また栄養素を補給するためのタイミングについて、チェックしましょう。
青汁のいろいろな飲み方のアレンジ方法や料理レシピを紹介!
青汁は毎日続けていくことが重要ですが、青臭さが苦手な人にとっては苦痛であり、また大丈夫な人でも飲み続けることによる「飽き」を経験する場合があります。ここではそんな方のためにいろいろな青汁の飲み方やアレンジ料理をご紹介します。
青汁の主な原材料の特徴や効果まとめ
青汁に使われている主な原料として、ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉の特徴や効果を紹介しています。
青汁がもたらす健康効果とは?飲む前に知っておきたいポイント
青汁の健康効果についてその原料や種類によるチェック方法をまとめています。ケールや大麦若葉、明日葉などの主要な成分について情報を掲載していますので自分に最適な青汁選びのヒントとしてぜひ参考にしてみましょう。
青汁の原料でよく使われるケールと大麦若葉の違いは?
青汁といえばケールと大麦若葉の二つが主な材料となっていますが、これら二つにはどんな違いがあるのでしょうか。それぞれの栄養バランスや効果について掲載しており自分に最適な青汁選びの重大ポイントとなるので参考にしましょう。
青汁で本当に栄養が摂れるの?
ここ数年、多くの「美味しい青汁」が発売されたことによって青汁の人気が高まっています。しかし大事なのは栄養が摂れること。ここでは美味しい青汁でも本当に栄養が摂れるのかについて説明していきます。
一人暮らしでも栄養失調にならずに栄養をバランスよく摂るには?
一人暮らしだとなかなか栄養バランスを考えた食事をする事が難しいのではないでしょうか?栄養失調と言ってもいろいろありますがなってしまうととても危険です。そこで栄養失調によるリスクや危険性、青汁を飲んで栄養素の補い方などを見てみましょう。
ワーファリンを飲んでいる人が青汁を飲んではいけない理由
ワーファリンと呼ばれる薬品を服用している人は、一般的な青汁を飲んではいけません。どんなリスクがあるのかこちらでご紹介しています。主には血液の質を変えてしまい、動脈硬化などを促してしまう危険性が隠れているので選び方に注意しましょう。
【保存版】野菜不足による症状とは?おすすめの解消法を紹介
普段の食生活に気をつけていても野菜不足になってしまう事があります。そこで野菜不足によって体に起きる様々な症状や知っておきたい解消法、また不足している栄養素を補うには青汁がおすすめの理由などをまとめました。
【保存版】青汁の副作用や飲んではいけない人とは?
青汁の副作用や、避けるべき例についてこちらにまとめています。本来青汁は健康的な飲料ですが、飲み方を誤ると副作用が発生する可能性があります。また青汁を飲んではいけない、量を考慮すべきケースについてもまとめています。
【徹底解説 】青汁とグリーンスムージーとの違いとは?
青汁とよく比較されるのがグリーンスムージーですが、両者の違いはどのようなところにあるのでしょうか?ここでは栄養士さんにもご協力いただき、それぞれの違いを比較してみました。せっかくなので野菜ジュースも含めてみました。
青汁はやっぱり習慣にしたほうが良いの?いまさら聞けない常識まとめ
青汁は健康食品としてすでに定着していますが、習慣にした方が良いのかなど、青汁の基本的な知識をしっかりと持っている人は実はそれほど多くありません。ここでは青汁の歴史や現在の状況、習慣についてなど"常識"を説明しています。
まずいイメージのある青汁の味が改善されているのは本当?
青汁は1980年代のテレビCMによって認知が一気に広がりましたが、自虐的なCM内容のインパクトが大きく、「まずい」という印象が一般的になりました。現在は青汁の味がどのようになっているのか説明します。