こんなにある!青汁の健康効果

青汁,健康,効果

 

青汁はビタミンやミネラル、食物繊維などを豊富に含む、緑色の野菜や野草、樹木の葉などを絞った汁のことを指しますが、実際にどのような健康効果が期待できるのでしょうか?ここでは青汁を飲むことによって期待できる主な健康効果について紹介します。

 

ダイエット効果

青汁に含まれている豊富な食物繊維には、糖質の吸収スピードを遅らせて脂肪になりにくくする作用があります。また、食前に飲むことで過食を防ぐことも期待できます。

 

>>ダイエットにおすすめの青汁ランキングはこちら

 

便秘解消

食物繊維には腸のぜん動(ぜんどう)運動と呼ばれる収縮運動を促進して便通が良くなる作用があります。また青汁には葉緑素(クロロフィル)が多量に含まれており、これによってきれいな血液が全身に行き渡るようになると臓器の働きが活発になり便通も良くなると言われています。

 

>>便秘解消におすすめの青汁ランキングはこちら

 

美容・美肌

活性酸素は細胞を酸化してダメージを与え、老化を促進させたり、シミやソバカスの原因となりますが、この活性酸素を除去する作用を持っているのがSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)という酵素になります。SODは体内にもありますが、体内のSODだけでは酸化を押し止めることができないため、体外から摂り入れる必要が生じます。抗酸化作用のある栄養素にはビタミンC、E、βカロチンなどが挙げられますが、青汁にはこれらの栄養素が豊富に含まれています。

 

>>美容・美肌におすすめの青汁ランキングはこちら

 

アトピー

アトピー性皮膚炎の根本的な原因は未だ解明されていませんが、ビタミンやミネラルをバランス良く取って、体の免疫力を高めることで予防と改善につながると言われており、青汁にはこれらのビタミンやミネラルが豊富に含まれています。実際に臨床試験でも症状改善効果が確認されています。

 

>>アトピーにおすすめの青汁ランキングはこちら

 

その他

青汁はこれらの他にも以下のような多くの効果が期待できます。

動脈硬化の防止、高血圧の予防、骨粗しょう症予防、視力回復・眼精疲労の改善、不眠の解消、冷え性の解消、風邪の予防、貧血の改善、口臭・体臭の抑制、ガンの抑制

 

青汁商品選びでは原材料に注目

青汁の健康効果は多くありますが、人によって期待する効果は異なります。また青汁のもとになる原材料によって栄養価が異なり、期待される健康効果にも違いが生じます。

 

このような中で青汁商品を選ぶには、まず青汁商品の原材料に注目し、それぞれの特徴を把握した上で自分が青汁に期待する効果をもっとも発揮してくれるのはどの原材料なのかを決めることが肝心です。

 

ここでは青汁の主な原材料である大麦若葉、明日葉(あしたば)、ケールについて特徴を簡単に紹介します。

 

大麦若葉

ケールよりも飲みやすく、食物繊維が豊富な事から飲みやすくて美味しいと言われる青汁に多く使われているのが大麦若葉です。SOD酵素や食物繊維が豊富で、ミネラルもバランスよく含まれています、期待できる効果は、免疫力を高める作用、アレルギー予防、美容面では美白や美肌効果などです。

 

>>大麦若葉入りおすすめ青汁ランキングはこちら

 

明日葉(あしたば)

お茶などでも飲まれている明日葉には、明日葉にしか含まれていないカルコンという成分があります。カルコンはむくみを解消しスッキリさせるデトックス効果が高い事が確認されていますので、ダイエット目的で青汁を取り入れる時におすすめです。

 

>>明日葉入りおすすめ青汁ランキングはこちら

 

ケール

青汁が登場した当初から原料として使われているのが、ケールです。日本ではあまりお目にかからない野菜ですが、アブラナ科の植物でキャベツの親戚です。野菜の王様と言われるほど栄養価が高く、栄養バランスにも優れています。期待できる効果は、不眠症対策、生活習慣病予防、便秘解消、美肌効果などです。ケールは青汁として栄養バランスは豊富ですが、若干癖が強く苦味もあるので、好みが大きく分かれます。

 

>>ケール入りおすすめ青汁ランキングはこちら


目的別おすすめ青汁

ダイエット

便秘解消

妊婦

>>クリック

>>クリック

>>クリック

授乳中

野菜不足

美容・美肌

>>クリック

>>クリック

>>クリック

大麦若葉

明日葉

ケール

>>クリック

>>クリック

>>クリック

関連ページ

青汁はホットで飲んでも良い?
寒い日に試してみたい、ホットで飲む青汁についてご紹介しています。ホットで飲むメリットと注意点を中心に情報を集めています。温かい飲み物を飲むことで得られる効果は多彩であり、従来の青汁の効果を高めてくれるのでおすすめです。
青汁を飲むタイミングは?いつ飲むのが効果的?
薬ではない青汁は自由な時間に飲んでかまわない食品ですが、効果が高いタイミングというものが存在します。ダイエット目的で青汁を飲む場合の飲むタイミングについて、また栄養素を補給するためのタイミングについて、チェックしましょう。
青汁のいろいろな飲み方のアレンジ方法や料理レシピを紹介!
青汁は毎日続けていくことが重要ですが、青臭さが苦手な人にとっては苦痛であり、また大丈夫な人でも飲み続けることによる「飽き」を経験する場合があります。ここではそんな方のためにいろいろな青汁の飲み方やアレンジ料理をご紹介します。
青汁の主な原材料の特徴や効果まとめ
青汁に使われている主な原料として、ケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉の特徴や効果を紹介しています。
青汁の原料でよく使われるケールと大麦若葉の違いは?
青汁といえばケールと大麦若葉の二つが主な材料となっていますが、これら二つにはどんな違いがあるのでしょうか。それぞれの栄養バランスや効果について掲載しており自分に最適な青汁選びの重大ポイントとなるので参考にしましょう。
青汁で本当に栄養が摂れるの?
ここ数年、多くの「美味しい青汁」が発売されたことによって青汁の人気が高まっています。しかし大事なのは栄養が摂れること。ここでは美味しい青汁でも本当に栄養が摂れるのかについて説明していきます。
一人暮らしでも栄養失調にならずに栄養をバランスよく摂るには?
一人暮らしだとなかなか栄養バランスを考えた食事をする事が難しいのではないでしょうか?栄養失調と言ってもいろいろありますがなってしまうととても危険です。そこで栄養失調によるリスクや危険性、青汁を飲んで栄養素の補い方などを見てみましょう。
ワーファリンを飲んでいる人が青汁を飲んではいけない理由
ワーファリンと呼ばれる薬品を服用している人は、一般的な青汁を飲んではいけません。どんなリスクがあるのかこちらでご紹介しています。主には血液の質を変えてしまい、動脈硬化などを促してしまう危険性が隠れているので選び方に注意しましょう。
【保存版】野菜不足による症状とは?おすすめの解消法を紹介
普段の食生活に気をつけていても野菜不足になってしまう事があります。そこで野菜不足によって体に起きる様々な症状や知っておきたい解消法、また不足している栄養素を補うには青汁がおすすめの理由などをまとめました。
青汁のカロリーはどれくらい?
青汁のカロリー量はどれくらいなのでしょうか。ダイエットのつもりで飲む場合に知っておきたい情報をまとめています。青汁自体のカロリー量に加えて、トッピングを加えて飲む場合の注意点にも触れていますので参考にしましょう。
【保存版】青汁の副作用や飲んではいけない人とは?
青汁の副作用や、避けるべき例についてこちらにまとめています。本来青汁は健康的な飲料ですが、飲み方を誤ると副作用が発生する可能性があります。また青汁を飲んではいけない、量を考慮すべきケースについてもまとめています。
【徹底解説 】青汁とグリーンスムージーとの違いとは?
青汁とよく比較されるのがグリーンスムージーですが、両者の違いはどのようなところにあるのでしょうか?ここでは栄養士さんにもご協力いただき、それぞれの違いを比較してみました。せっかくなので野菜ジュースも含めてみました。
青汁はやっぱり習慣にしたほうが良いの?いまさら聞けない常識まとめ
青汁は健康食品としてすでに定着していますが、習慣にした方が良いのかなど、青汁の基本的な知識をしっかりと持っている人は実はそれほど多くありません。ここでは青汁の歴史や現在の状況、習慣についてなど"常識"を説明しています。
まずいイメージのある青汁の味が改善されているのは本当?
青汁は1980年代のテレビCMによって認知が一気に広がりましたが、自虐的なCM内容のインパクトが大きく、「まずい」という印象が一般的になりました。現在は青汁の味がどのようになっているのか説明します。