妊婦が青汁から葉酸を摂っても大丈夫?葉酸サプリとどちらが良い?

妊婦,青汁,葉酸,葉酸サプリ

 

青汁は野菜不足を解消し、ダイエットや便秘解消、美容などに役立つものですが、商品によっては妊娠前後に必要とされる葉酸が含まれているものもあり、妊娠待ちもしくは妊婦にとっても有効です。

 

葉酸が含まれている青汁商品一覧

 

1包あたりの葉酸含有量

ふるさと青汁

3μg

酵素青汁111選セサミンプラス

100μg

えがおの青汁満菜

225μg

やわたのおいしい青汁

76μg

本搾り青汁ベーシック

13~30μg

楽月花

2.16μg

 

 

妊婦は1日あたり400μg(マイクログラム)の葉酸が必要とされていますが、上の通り、青汁で豊富に葉酸を含む商品でもせいぜい1杯あたり100μg程度のため、青汁だけで葉酸を補うのは難しいと認識した方が良いです。

 

葉酸の食事摂取基準(μg(マイクログラム)/日 ※100μg=0.1mg)

女性の年齢等

推定平均必要量

推奨量

耐用上限量

18~29歳

200μg

240μg

900μg

30~49歳

200μg

240μg

1,000μg

妊婦(付加量)

+200μg

+240μg

出典:厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要

 

 

青汁を野菜不足や便秘解消などを目的として飲むのであれば問題ありませんが、葉酸を摂ることが目的であれば葉酸の摂取を第一に考えて作られた葉酸サプリの方がおすすめです。

 

妊婦,青汁,葉酸,葉酸サプリ

 

妊婦が青汁商品を選ぶ際の注意点

妊婦の中には葉酸目的ではなく、便秘解消のために青汁を検討している人も多くいますので、ここでは妊婦が青汁商品を選ぶ際の注意点を挙げていきます。

 

カフェインが含まれていないものを選ぶ

青汁商品はケールや大麦若葉、明日葉や桑の葉などを主原料として作られますが、最近の商品は美味しさを追求するためにカフェインを含む抹茶や緑茶を加えている商品があります。

 

カフェインは赤ちゃんの発育を阻害する可能性があるので、青汁商品を購入する際にはノンカフェインのものを選びましょう。

 

鉄分が多く含まれているものを選ぶ

妊娠中は貧血になりやすいため、鉄分の補給が欠かせません。病院で処方される錠剤だと便秘になる可能性がありますが、青汁であれば食物繊維が豊富なので、鉄分を多く含む青汁は妊婦にとって有効です。

 

安全性に配慮したものを選ぶ

原産地や農薬使用の有無、検査など、安全に関してしっかり配慮されている商品をびましょう。

 

下記は2014年4月に放射線が照射された大麦若葉を輸入していた業者に対して、厚生労働省が原料の回収を指示したというニュースです。

 

 

妊婦,青汁,葉酸,葉酸サプリ

妊婦,青汁,葉酸,葉酸サプリ


目的別おすすめ青汁【選び方】

ダイエット

便秘解消

妊婦

>>クリック

>>クリック

>>クリック

授乳中

野菜不足

美容・美肌

>>クリック

>>クリック

>>クリック