そもそも妊婦が青汁を飲んでも大丈夫なの?注意点は?

妊婦,青汁,おすすめ,妊娠中

 

青汁は妊婦さんにとってもビタミンやミネラル、葉酸などを効果的に摂ることができる青汁は便秘の解消や必要な栄養の補給に有効です。

 

ただ有名なカフェインのように、お腹の赤ちゃんにとって注意しなければならない点がいくつかありますので、それらを詳しく紹介していきます。

 

 

妊婦,青汁,おすすめ,妊娠中

 

 

 

妊娠中におすすめの青汁を選ぶ【3つのポイント】

青汁は商品によって原材料や栄養成分が異なるため、妊娠中におすすめできるものとそうでないものがあります。では妊娠中におすすめの青汁とはいったいどのような青汁なのでしょうか?ここでは青汁を選ぶ際のポイントを紹介します。

 

カフェインが入っていないものを選ぶ

妊婦,青汁,おすすめ,妊娠中

 

青汁は野菜由来のもの。だから飲みにくい味の場合もあります。でもそれを飲みやすい青汁にするために抹茶が含まれているものも少なくありません。しかしこの抹茶というのはカフェインを含んでいるのです。

 

カフェインは神経を興奮させる作用があったりするのですが、妊娠中にカフェインを摂取するとお腹の赤ちゃんにも伝わり、赤ちゃんは代謝機能が未熟なので、体外にうまく排出することが出来ません。赤ちゃんの興奮してしまうのですね。

 

そのために妊娠中に青汁を飲みたいという場合には、赤ちゃんに伝わることを考えてカフェインレスのものを選びましょう。

 

鉄分を多く含むものを選ぶ

妊婦,青汁,おすすめ,妊娠中

 

妊娠中には手軽に食物繊維やビタミン、ミネラルなどを取り込める青汁を毎日の習慣にすると良いと言われていますが、青汁選びの際には鉄分が豊富なものを選ぶのがおすすめです。

 

妊娠中はどうしても鉄欠乏性の貧血になりやすく、この鉄欠乏性貧血の状態が継続してしまうと赤ちゃんの生育にも問題が出てしまうこともあるので注意が必要です。そのため青汁を飲みながら手軽に鉄分が補えるものだと、こういった鉄欠乏性貧血改善にも大いに役立つというわけです。

 

病院から処方される鉄剤だとどうしても便秘にもなりがちなので、鉄分が豊富な青汁を選べば簡単に必要量の鉄分を体内に取り込むことができるので非常に便利なのです。

 

安全性に配慮した商品を選ぶ

妊婦,青汁,おすすめ,妊娠中

 

購入する側としては効果・効能や価格にどうしても注意が行きがちですが、安全性についてもしっかりと確認することが大事です。

 

いろいろな青汁商品の紹介や広告などを見ていますが、商品によっては「国産をアピールしておけばとりあえず安全性はオッケーだろう」という本音が垣間見えるものも正直あります。

 

どこで栽培された原料を使っているのか?農薬はどれくらい使われているのか?残留農薬や放射能の検査は行なっているのか?どんなところで加工しているのか?など、できる限り公開している商品を選ぶようにしましょう。

 

また、どのような会社が販売しているのか確認することも安全性を評価する上で大事なポイントです。
※青汁ナビでは各商品の紹介ページの中に販売会社の情報も記載しています。

 

【管理栄養士監修】おすすめ青汁比較

管理栄養士監修のもと、上記のポイントで青汁各商品を評価した結果は以下の通りです。なお当サイト、青汁ナビでは、継続できなければ意味がないと考え、飲みやすさも大切な評価ポイントとしています。

 

 

ノンカフェイン

鉄分

安全性

飲みやすさ

すっきりフルーツ青汁

×

ふるさと青汁

◯(0.17mg)

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

×

フレッシュフルーツ青汁

×

あしたば青汁

×

酵素青汁111選セサミンプラス

◎(2.63mg)

えがおの青汁満菜

×

神仙桑抹茶ゴールド

×

飲みごたえ野菜青汁

×

リッチグリーン

×

極の青汁

×

ステラの贅沢青汁

×

ハッピーマジック

×

やわたのおいしい青汁

×

ユーグレナ・ファームの緑汁

×

青汁サラダプラス

◎(4.72mg)

青汁ゼリー

×

生青汁

×

美感青汁

×

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

×

藍の青汁

×

グラマラスリム・スムージー

×

こどもバナナ青汁

×

本搾り青汁ベーシック

◯(0.08~0.15mg)

青汁畑

×

美力青汁 healthy

×

新アサヒ菜善青汁

△(0.09mg)

緑がおいしい青汁

×

極選青汁

×

楽・月・花

△(0.05mg)

遠藤博士の青汁みどり

◯(0.3mg)

×

 

※ノンカフェインの評価について

カフェインを多く含む玉露、抹茶、ココア、緑茶が含まれていない

カフェインを多く含む玉露、抹茶、ココアが含まれていない(緑茶はOK)

カフェインを多く含む玉露が含まれていない(緑茶、抹茶、ココアはOK)

×

玉露が含まれている

 

※鉄分の評価について

1mg以上

0.1g以上1mg未満

0.1g未満

×

なし

 

※安全性の評価について

産地や農薬使用の有無、検査(残留農薬、放射能)、添加物など、安全に関する項目を青汁ナビで独自に評価を行なっています。

 

※飲みやすさの評価について

においや味、溶けやすさ(粉末のみ)や舌触りなど、飲みやすさに関する項目を青汁ナビで独自に評価を行なっています。

 

 

妊娠中におすすめの青汁ランキング

 

 

妊婦,青汁,おすすめ,妊娠中

酵素青汁111選セサミンプラスの特徴

酵素青汁111選セサミンプラスは111種類の野菜や果物の栄養素を配合したサプリメントです。青汁の成分をそのまま粒状にしているのでシェイカーを使用する必要がありません。

ベースとなっている沖縄産モリンガには黒酢の45.5倍分のアミノ酸が含まれています。他にも女性に必要な酵素・ミネラル・葉酸などの栄養を粒に凝縮しているので飲みやすく、内面からの健康づくりや妊娠中の体調管理のサポートをしてくれる商品です。

価格 1袋60粒/3,300(1回あたり110)円
評価 評価5
備考 1回(2粒)につき鉄分2.63mg、葉酸100μg(マイクログラム)含有
酵素青汁111選セサミンプラスの総評

ノンカフェインの青汁は結構ありますが、鉄分や葉酸まで配合されているものは多くありません。その中で酵素青汁111選セサミンプラスはしっかりノンカフェイン、また鉄分や葉酸も豊富に含まれているということでおすすめ1位となりました。

 
 

妊婦,青汁,おすすめ,妊娠中

ふるさと青汁の特徴

ふるさと青汁は八丈島産の明日葉を主原料として、根元からまるごと使用した青汁です。他に大麦若葉や桑の葉を独自の比率でブレンドしてクセのない、ほんのり甘みを感じる飲みやすい味わいに仕上がっています。ノンカフェインで鉄分や葉酸が含まれているので妊婦さんにもおすすめの青汁です。

価格 1箱(30包)/3,694(1杯あたり123.1)円
評価 評価4.5
備考 1杯につき鉄分0.17mg、葉酸3μg(マイクログラム)含有
 
 

妊婦,青汁,おすすめ,妊娠中

本搾り青汁ベーシックの特徴

本搾り青汁ベーシックは、健康食品大手のファンケルが販売している国産ケール100%、着色料・食塩・保存料・香料が無添加の本格的な青汁です。ノンカフェインで鉄分や葉酸も含まれており妊婦さんにおすすめです。

価格 1箱(30本)/2,619(1杯あたり87.3)円
評価 評価4
備考 1杯につき鉄分0.08~0.15mg、葉酸13~30μg(マイクログラム)含有
 

 

青汁を飲むことでビタミンAの過剰摂取にならない?

国立健康・栄養研究所「「健康食品」の安全性・有効性情報」によると、妊婦がビタミンAを過剰摂取することによるリスクを紹介しています。

また、妊婦がビタミンAを過剰摂取すると、胎児に奇形を起こす可能性が高くなると報告されており、妊婦の健康障害や胎児奇形を起こすことのない最大限の量は4,500μgRE/日と報告されています 。

 

出典:国立健康・栄養研究所「「健康食品」の安全性・有効性情報」

 

ここで触れているビタミンAはうなぎやレバー、バターやマーガリン、チーズなどの動物性食品に含まれるレチノールのことであって、青汁から摂れる緑黄色野菜のビタミンA(β-カロテンが体内で変わります)とは異なるので、青汁を飲んだからといってビタミンAの摂取過剰になることはありません。

 

妊婦に必要な葉酸が入った青汁はどれ?

商品によっては葉酸が含まれているものがあり、もっとも多く含まれているもので1杯で1日の葉酸摂取推奨量(400μg(マイクログラム))の半分強を摂れます。

葉酸が含まれている青汁商品一覧

 

1包あたりの葉酸含有量

ふるさと青汁

3μg

酵素青汁111選セサミンプラス

100μg

えがおの青汁満菜

225μg

やわたのおいしい青汁

76μg

本搾り青汁ベーシック

13~30μg

楽月花

2.16μg

 

参考:葉酸の食事摂取基準(μg(マイクログラム)/日 ※100μg=0.1mg)

女性の年齢等

推定平均必要量

推奨量

耐用上限量

18~29歳

200μg

240μg

900μg

30~49歳

200μg

240μg

1,000μg

妊婦(付加量)

+200μg

+240μg

出典:厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要

 

青汁は商品によって葉酸も摂れますが、葉酸を摂ることが最優先事項なのであれば青汁よりも葉酸の摂取を第一に考えて作られた葉酸サプリの方がおすすめです。

 

 

妊婦,青汁,おすすめ,妊娠中

 

妊娠したらなぜ便秘になってしまうの?

妊婦,青汁,おすすめ,妊娠中

 

妊娠すると体が出産に向けて色々な変化をもたらし、症状として現れますが、その1つとして代表的なのが便秘です。なぜ便秘になってしまうのでしょうか?

ホルモンの変化

妊娠すると黄体ホルモンの影響で腸の働きが抑制されてしまいます。いつもは便秘と無縁の方も、便秘になってしまうのはこのホルモンのせいなのです。ホルモンの変化は自律神経のバランスを崩してしまうことがあるため、一時的な自律神経失調症を引き起こし、それが便秘につながっている場合も考えられます。

食べ物の好みの変化や味覚の変化

またその他の理由としてつわりによって今まで食べられたものが嫌いになることや、味の変化による栄養バランスの偏りです。個人差はありますがジャンクフードばかりが食べたくなったりと食生活の変化で便秘が起こる事もあります。

お腹の赤ちゃんによる腸の圧迫

妊娠後期になってくるとお腹の赤ちゃんが腸を圧迫してしまうので、それにより排便がしにくくなる便秘もあります。もともと便秘気味の方はより症状が悪化したり、痔の持病がある方は悪化する事が多いでしょう。

水分不足

さらに妊娠すると水分が血液に使われたり赤ちゃんの栄養に使われるため、便の水分がなくなり硬くなります。それにより排便が困難になる事があります。水分不足は便秘だけでなく痔も引き起こすので、普段からこまめに水分を摂るようにしましょう。

妊婦が便秘になる主な原因
  • ホルモンの変化
  • 食べ物の好みの変化
  • 味覚の変化
  • お腹の赤ちゃんによる腸の圧迫
  • 水分不足

 

 

妊婦,青汁,おすすめ,妊娠中

 

妊婦の便秘解消に青汁がすぐれている理由とは?

妊娠中は便秘で悩まされる事が多い中、食べ物で改善させようとしても中々食が進まない事も初期であれば特に感じる事です。そんな時に助かるのが青汁です。

すぐれた栄養バランス

青汁の良いところは栄養バランスが取れている飲み物ですので、体に良いとされるミネラルやビタミンを効率的に摂れる所にあります。つわりや体の変化で思うように栄養を摂れず、赤ちゃんに栄養を与えないと悩む時にも非常に助かるのが利点です。

 

特に妊娠中に必要な葉酸や、不足しがちな鉄分を補給でき貧血予防になります。また出産後には骨がもろくなるため、妊娠中にはカルシウムの摂取をしておかなければなりません。こういった妊娠中に必要な成分が青汁にはたっぷり含まれています。

豊富な食物繊維や乳酸菌

また食物繊維や乳酸菌が豊富なため、自然なお通じが得られ、便秘薬が飲めない妊婦さんにとっては嬉しいですね。いくら医師に処方された薬であっても、妊娠中はできるだけ薬を飲まずにサプリや青汁などの健康食品を取り入れる方が安全性は高いと言えるでしょう。

水分補給に

また妊娠中には多くの水分を必要としますが、青汁は飲み物ですので同時に水分も摂る事ができ、それが便秘解消にも繋がります。水を1日に2リットルほどは飲まなければいけませんが、水だけで2リットルは結構しんどい量です。※ゼリータイプや粒タイプの青汁は当てはまりません。

 

もちろん食事や味噌汁、スープといった水分の多いレシピがありますが、その選択肢が青汁で増えるのはありがたいですね。今は苦味や青臭さを抑えたものが売られているので、妊娠中でも楽に飲めます。

 

 

妊婦,青汁,おすすめ,妊娠中


目的別おすすめ青汁

ダイエット

便秘解消

妊婦

>>クリック

>>クリック

>>クリック

授乳中

野菜不足

美容・美肌

>>クリック

>>クリック

>>クリック

大麦若葉

明日葉

ケール

>>クリック

>>クリック

>>クリック